×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハイドロキノンのおすすめのクリーム

私はデルマの「Q2ハイドロコラーゲンクリーム」というハイドロキノンの1%配合のクリームを使用しているのですが、日に日に効果を実感しています。ちなみに、このハイドロキノンのクリームは30gで5千円と他のメーカーのハイドロキノンのクリームに比べると安いんですよね。

また、一%くらいのハイドロキノンの化粧品が一番副作用も心配する必要もなくなるのでいいですよね。3%のハイドロキノンのクリームは私は怖くて使えませんね。

ハイドロキノンの怖い副作用

ハイドロキノンはもともとは皮膚科の薬として使われいたものなので副作用があり、注意が必要です。ハイドロキノンには塗った周囲だけが白くいろ抜けしてしまう白斑や塗った部分が茶褐色になってしまうなどの副作用があるといわれています。

なので、ハイドロキノンを選ぶ時にはなるべくハイドロキノンの配合の割合が高くないものを選択するといいと思います。私の場合は配合の割合が1〜2%の化粧品を使うようにしていますね^^10%などのハイドロキノンはアメリカでは処方製無しには購入することの出来ない劇薬です。他のハイドロキノンの副作用としては、肌の防御力が弱まってしまうといわれているので、紫外線には十分に注意する必要があると思います。

紫外線の対策としては、やはり外になるべくでないか日焼け止めクリームを塗るかになってきますね。一度ハイドロキノンによって副作用を起こしてしまうともう二度と元には戻りませんから十分に注意して服用するようにしましょう。

ハイドロキノンの効果

私はハイドロキノンを美容外科で処方してもらったので、使用しています。ハイドロキノンは効果に即効性があるわけではなくて効果が出始めたのは使用し始めて3ヶ月くらいたってからでしたね。確かに、ハイドロキノンは美白成分の100倍くらいの効果があるのですが、やはり塗り薬なのでそれくらいの期間が必要になってくるのです。

ちなみに、ハイドロキノンの効果が出るタイプのシミはメラニン生成に基づくシミにしか効果はありません。シミやくすみには肝斑、遅発性太田母斑などが含まれるので、老人性色素斑かどうかはちゃんと医師の方に診断してもらう必要があるのです。

もしも、そのくすみが肌が張りを失ってしまったためになってしまったくすみだとしたらメラニン生成のシミではありませんので、ハイドロキノンの効果は無いでしょう。しかし、そうでなければ確実にハイドロキノンには効果はありますので今どうしても効果が出ていないという方も気長に美白効果が出るのを待ちましょう♪